ゼブラフィッシュ飼育装置よる研究

小型魚類飼育装置について

小型魚類飼育装置とは?
小魚順子小魚順子

‘‘小型魚類飼育装置‘‘っ何?

お魚花子お魚花子

小型魚類飼育装置とは、メダカやゼブラフィッシュ等の小型魚類を用いて研究や実験に使用する個別飼育が可能な言わば魚のマンションみたいなものよ。それに言われ方は様々なのよ

  • 【小型魚類集合水槽システムLABREED】
  • 【小型魚類飼育システム】
  • 【ゼブラフィッシュ飼育システム】
  • 【ゼブラフィッシュ飼育装置】
  • 【メダカ飼育システム】
  • 【メダカ飼育装置】
  • 【ゼノパス飼育システム】
  • 【ゼノパス飼育装置】
  • 【水棲生物飼育システム】
  • 【水棲生物飼育装置】
  • その他呼び名いろいろ。。

 

 

小型魚類飼育装置のレンタルの必要性を考える

今も日本全国で小型魚類飼育装置がいろいろな研究機関で

活躍してると思います当然24時間稼働中

今後もより多くの研究者の方にもっともっと使ってもらいたいです。

しかしながら、

小型魚類飼育装置(メーカー品)は高価なもので

簡単に購入できるものではないと思います。

なぜ高価なのか

水槽メーカーさんが長年にわたり蓄積した

豊富な経験技術を生かし製品化しているからです

今お使いになっている研究者の方々も

長年にわたる研究の成果やテーマを考え


大きな予算があって購入できているものだと思います。

しかし。。。もっと手軽に小型魚類飼育装置を多くの研究所、

研究者の方に使ってもらうためにはどうしたらよいか、

大きな予算があって研究が始められるではなく

でも研究を始められるものを提供できれば。

小さな予算から。。。

小型魚類飼育装置のレンタル開始!とstep up

step1そんな予算もないという方や熱意興味とちょっとの器用さがある方

まずは行動!!自分で作る飼育水槽

step2小さな予算からという方や希望絶対的初期費用の安さをもとめる!と言う方

小型魚類飼育装置のレンタルの登場

step3大きな予算はあるという方や大きな野望がある方

小型魚類.comのおすすめはこちら
-令和から実験器具も借りる時代へ-

限られた予算の中で、研究の成果論文の発表特許の申し込みも今以上に短縮されて行く時代です。
今まで10年の期間で成果を考えていたものが5年で発表されるケースも出て来てくることでしょう。
今注目されている研究はそれだけ多くの研究者が関わっているため、競争になることで加速化されるはずです。

基礎研究なり応用研究なりお金があるうちはよいですが、目先にとらわれた助成等の場合はいつ打ち切られてもおかしくない時代。いつでも方向転換できる資金運用を考えなくてはなりません。

そこで小資金で絶対的な初期投資の安さですぐに始められる小型魚類飼育装置のレンタルが必要になると考えます。
またリスク回避としても有効です。
例えば3年使って結果が出ない時や他の研究部署に移ることになった、海外留学することになった時は返せばよいのです。

小型魚類を研究課題として考える


  • むかし観賞魚を飼っていた・眺めるだけでも好きな方、すこしでも興味があれば研究課題としてどうでしょう。
  • これから始める方、今使用してる方、研究者みなさんの可能性を広げる小型魚類.comの小型魚類飼育装置のレンタルをぜひご検討ください。
興味があれば 興味があれば
↓下記項目をクリックしてみてください。

  • 飼育が安易
  • 観察しやすい
  • 遺伝子操作しやすい
  • 発生スピードが速い
  • コストが安い
  • 実験結果を素早く出しやすい

    • 若手研究や基礎研究(C)枠内で納めたい
    • テーマが決まって早く研究を進めたい
    • 小資金でロケットスタートしたい

      • 新規購入までの間だけ使用したい
      • 今使用の水槽が故する水漏れする
      • 自作水槽からの脱出
      • 試しに使ってみたい

        • 自分の使用できる飼育水槽が限られている
        • 個別で実験をしたい
        • 研究者が1人で行う研究
        • 萌芽したい方

        ※集中できる環境を作る目的
        研究室は決して1人のものではない事を前提

        • 短期間で使用したい
        • 作業海外留学、海外赴任が決まっている方
        • 任意付きポスト期間内で結果を出したい方

        • 発生教材として使用したい
        • 将来の研究者を育てる目的として使用したい
        • 興味を持たせたい

        研究成果をいち早く社会に発信するぞ!を応援する。   小型魚類.com